https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3516876&pid=886483703&vc_url=https%3A%2F%2Fwowma.jp%2Fitem%2F435928582%3Faff_id%3Dvco

生活水準は一度上げたら下げられない?

生活水準を一旦上げると元に戻すのは難しいとよく言います。

何となく感覚的には分かりそうなものですが、実際に上げてみないと実感はなかなか伴わないでしょう。

このページでは、一度挙がった生活水準が元に戻せない理由について、研究等でも確認されている心理的な特性を基に解説します。

授かり効果

授かり効果というのは、自分が所有したものの価値を高く見積もってしまうという心理特性です。

子供を対象にした実験

子供を対象に、2種類のおもちゃを提示し、どちらが欲しいかを尋ねた後でランダムに配布します。

欲しかったおもちゃを貰えなかった子供に、交換を持ち掛けても7割が交換に応じませんでした。

一度自分のものになると欲しくなかったものでも、もう一方よりも魅力的に見えてしまったということです。

大人を対象にした実験

子供だけでなく大人を対象にした実験でも確認されています。

バスケットボールの試合のチケットの抽選に漏れた学生に最大いくらまでチケット購入に出せるかを聞くと平均175ドル。

しかしチケットに当選した学生に最低いくらでなら売却するかを聞くと平均で2700ドルとかなりの高額を提示した。

このように大人か子供かに関わらず自分の持ち物の価値を高く評価する傾向があります。

モノに限らない

そしてこの授かり効果はモノだけでなく、生活という抽象的なものにも同じく働くのです。

所得による幸福度

所得水準による幸福度の推計を、様々な所得水準の人を対象にさせる実験。

様々な誤算が起きました(お金と幸福の関係のページで解説)が、高所得者が低所得者の幸福度を過剰に低く見積もったところがポイントです。

お金で得た生活水準、例えば大きな家や高級車、座り心地のいい上質なソファなどを手放すことを想像する時に、授かり効果が発動して失うダメージを大きく見積もったということです。

具体的な例 お試しキャンペーン

お試しで無料などのキャンペーンがありますが、これはこの効果を利用(悪用)したものです。

お試しとは言え、仮にも一度それを体験すると自分のものになったと錯覚して授かり効果が発動します。

すると、それを手放すことが非常に大きな損失に感じられ、結果として本契約に移ってしまうということ。

本当にいい商品やサービスに出会うチャンスでもあるので全くデメリットばかりじゃないですが、気を付けましょうね。

まとめ

上がった生活水準を戻すのは難しいという話でした。

自分の持ち物の価値を過剰に高く見積もってしまう授かり効果がその原因です。

お金で幸福になれるかは別のページで解説してますが、ともあれそれらを結び付けてしまうのが人間の心理特性です。

なのでその減少(お金から得られる具体的なモノを含む)は、幸福度の低下と捉えてしまうのです。

幸福を下げたいと思う人はいませんよね?
生活水準の切り下げはそれとほぼ同義です。
こう聞いたら理解しやすいでしょう。

てなとこで。