睡眠不足によって起きる6つの大問題|人生全体にマイナス

睡眠、ちゃんととれてますか?

忙しく働いて毎日残業続きのビジネスマンだと睡眠時間が6時間に満たないって人も多いのでは。

でも忙しく様々なタスクを熟す必要がある人ほど睡眠は不可欠。

空前の睡眠ブーム(?)にある昨今、さすがに睡眠の重要性と不足の弊害を知らないって人は少ないとは思います。

しかし知っててもそれを実践できてる人はそんなに多くないんじゃないでしょうか?

そんなとこで今回は睡眠の充実についてのお話です。

睡眠の重要性

睡眠が重要視されるのは、その不足がありとあらゆる幅広い問題を引き起こすからです。

睡眠不足が大きな健康リスクをもたらすことはよく知られたこと。

発ガンリスクが6倍、脳卒中リスクは4倍、糖尿病リスク・心筋梗塞リスクは3倍、高血圧リスクは2倍です。

睡眠時間が6時間未満の人は7~8時間とっている人より死亡リスクが2.4倍も高くなると言われています。

これだけでも十分睡眠の重要性は伝わりますが、さらに実感を高めるために睡眠不足によって日常でどんな問題が発生するのかを紹介します。

思考力の低下

睡眠の最も大きな役割は脳内の疲労物質の代謝、つまり思考力の回復です。

そのため睡眠が不足すると思考力や注意力が不十分になり、ミスや効率の低下が起きやすくなります。

結果的に残業時間が延び、睡眠不足になって思考力がさらに低下する…という負のループに入っていくことに。

「そんな大幅に下がるわけじゃないでしょ?」

このように睡眠不足による思考力の低下を軽視する人は結構います。

また、たまの夜更かしくらいなら大丈夫だと思ってる人もいますが、たった1日の睡眠不足も侮ることはできません。

一晩、寝不足になるだけで深酒、マリファナ摂取と同等の思考力の低下をもたらし、学業成績にも大きな悪影響を及ぼすって研究もあるほどです。

怒りっぽい人格が形成される

睡眠不足になると自己防衛本能として神経過敏になります。

ピリピリしていると表現されますが、実際に自然界の動物のように神経が研ぎ澄まされた状態になるのです。

何だか集中力の高い良い状態のように聞こえますが、実際はあまり良いことじゃありません。

些細なことに過剰に反応しやすい状態なので、ちょっと肩が触れたとかで激怒してしまうような迷惑な人になります。

また怒りなどの感情に関係する偏桃体は記憶を掌る海馬に近いため、ネガティブな感情は特に長期記憶になりやすい特性があります。

一度怒りを覚えたことは以降も不快なこととして認識するようになるのです。

そうして記憶された後で睡眠時間を確保しても時既に遅し。

下がった怒りのハードルは固定されてしまい、些細なことでキレる短気になってしまいます。

やはり「1日くらい…」と気を抜いて夜更かしするのは危険です。

「ネガティブな体験の方が記憶・人格に与える影響が大きいから、嫌いなものが同じ人との方が仲良くなりやすいって言うね。余談だけど」

太りやすくなる

これも最近じゃ常識になりつつありますが、睡眠不足は肥満の原因の1つです。

自律神経には交換神経と副交感神経があり、交換神経は主に起きてる時に優位に働きます。

寝ている間は副交感神経が優位になり、交換神経はその間に日中の疲労を回復しています。

しかし睡眠が十分にとれていないと、この交感神経の疲労回復が不十分になります。

この交換神経の疲労は日中の思考力に影響すると同時に食べ過ぎを助長する原因にもなるのです。

自律神経の回復が不十分だと「この疲労はカロリー不足が原因だ!」と間違った判断を下してしまいます。

これは人間の生存本能からくるものです。

「完全にエラーだけどね」

本来は寝なければいけないところ、代わりに余分なカロリーを摂取してしまい肥満に繋がるってわけです。

また睡眠不足による認知リソースの低下も肥満に繋がる過食を促進します。

ムダな間食を我慢するっていう些細な意志にも認知リソースは必要だからです。

夜中に間食が増えやすいのも、丸1日過ごして認知リソースを使いきった状態だからと考えれば納得できるでしょう。

睡眠不足と肥満の関係についてはこちらのページもご覧ください。

運動神経が悪くなる

テスト前の一夜漬けが良くないこと、これは今や常識でしょう。

日中の記憶の整理(定着と消去)は主に睡眠中に行われるので、寝ずに勉強したことはほとんど頭に残りません。

これは勉強に限ったことではなく、手先を細かく使う作業とかスポーツの技能の記憶にも言えます。

スポーツなどの練習もその瞬間に身につくわけではなく、睡眠中に記憶を整理しながら定着させていくものです。

だから勉強と同じく、スポーツも寝る間を惜しんで練習することは無意味。睡眠不足が続く限りレベルアップはしないってことです。

ちなみに睡眠の質を深さと勘違いしてる人が多いですが、厳密には浅い睡眠と深い睡眠のバランスが重要。

勉強などの言語記憶とスポーツ技能のような非言語記憶はそれぞれ異なる睡眠のフェーズで整理されます。

単なる睡眠時間はもちろん、質の低下も学力と身体能力をバランスする上で非常に重要ということです。

認知症リスクが高まる

睡眠はそもそも何のためにとると思いますか?

こう聞くと「身体の疲れをとるため」って答える人がほとんどです。

確かに肉体の疲労を回復する働きもありますが、もっと大事なのは脳の疲労回復。

普通に生活してるだけでも脳内には疲労物質(アデノシン)が溜まっていきます。

「眠気を感じる物質としても知られてるね」

その疲労物質や老廃物、死んだ細胞などの代謝は主に睡眠中に行われます。

つまり睡眠不足になるということは、脳内に老廃物が溜まりっぱなしということです。

こうして老廃物を排出する新陳代謝が低下すると、最終的には脳機能が低下し、アルツハイマーなどになるリスクが高くなります。

うつ病や自殺リスク

睡眠不足は鬱病のリスクも高めると言われてます。

日本がその生産性の低さにも関わらず世界トップクラスのGDPを誇っているのは、主に長時間労働でカバーしているからです。

そしてその長い労働時間はほとんどが睡眠時間を削って捻出されています。

つまり鬱病のリスクを抱えた人が多く、日本で自殺率が高いことはある意味必然とも言えるわけです。

「もちろんセロトニントランスポーターが少ないとか内分泌的な要因もあるけどね」

ではなぜ睡眠不足が鬱病のリスク要因になるのでしょうか?

睡眠は身体の疲労だけでなく、脳の機能を回復する役割があることは既に説明した通りです。

なので睡眠が不足すると脳の機能の低下が起こりますが、中でも特に前頭葉の機能低下は大きな問題です。

事故などで前頭葉を損傷すると、同じ言葉や行動を何度も繰り返すようになります。

「専門的には「保続」って言われる現象だよ」

これは前頭葉がタスクや感情などを切り替える役割を持っているために現れる現象です。

その前頭葉が十分に機能しないということは、気持ちの切り替えが上手く出来ません

人間関係の問題やストレス、不安などの負の感情が保続してしまい、抜け出せない無限ループに落ちてしまいます。

馴染みのある表現を使うなら、いつまでも同じことにクヨクヨ悩み続けるような状態です。

こうした状態は鬱病や自殺に繋がるリスクが非常に高くなります。

負の感情や記憶の中に閉じ込められるなんて想像しただけでも気を病みそうですもんね。

睡眠は人生全体に関わる

ざっと列挙しただけでも睡眠の影響は日常の広範囲に及びます。

主に認知されてない内部の問題を中心に紹介しましたが、よく知られてるように身体の外側にも影響は絶大です。

肌の新陳代謝が不活になってシミやシワ、肌荒れが酷くなったり、ホルモンの分泌が不正常になって筋肉が上手く発達しなかったり。

仕事も勉強もスポーツも人間関係も人生に起こることはほぼ全てが睡眠の影響を受けてると言えます。

睡眠とはそれくらい重要なことなんです。

詳しい睡眠の質の向上については別のページで解説します。

また睡眠については知ってるようで意外と知らないことが多くあります。

睡眠の基本的なことについて解説したこちらのページも併せてどうぞ!

まとめ

睡眠不足によって起こる問題を紹介してきました。

日常的にあまり意識しませんが、脳は非常に多くのことを処理してその体力を使ってます。

そしてこれまた意識していないけど、睡眠はその疲労を回復させて機能を維持する役割があります。

睡眠自体は人生を好転させる起爆剤になるってものじゃありません。

あって当たり前の基本的なもので、十分に取れて初めて「普通」の状態になるだけです。

しかし(多くの人がそうでしょうが)これまで不足したまま生活してきたなら、改善することで革命くらい大きな影響があります。

マイナスとゼロとでは世界の見え方が全くの別物です。

「所詮ゼロになるだけか」などと侮らず、今日この時から睡眠不足の解消を始めることをオススメします。

てなとこで。