https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3516876&pid=886483703&vc_url=https%3A%2F%2Fwowma.jp%2Fitem%2F435928582%3Faff_id%3Dvco

充実した人の苦しい人生|リア充アピールの闇

皆さんの生活は充実してますか?
美味しいご飯を食べるでも、海外旅行をしまくるでも、子供とかパートナーと楽しく過ごしてるでも何でも。

価値観が多様化してるから、幸せとか充実感を感じる対象は人それぞれで、みんな違ってみんないい、(のはず)です。

一転、皆さんの周りに充実してるなーって人はいますか?

最近はSNSを通して他人の近況を把握できますね。
でもその人たちが実は充実してるどころかとても人生が苦しいと思うと言ったら同意できますか?

そんなとこで今回は、充実アピールについてのお話です。

SNSに投稿する心理

みんなが当たり前のようにSNSで自分の近況をシェアする時代だから、どういう意図で投稿してるかなんて考えることもない。

でもよく考えると不思議なもの。
インフルエンサーとしての立場を確立すれば、スポンサーがついてマネタイズしたりできるけど、素人全員ができるほど甘くないし、それを狙ってる人は少ないように思います。

では、何が目的か?
それは「いいね」です。
具体的に「いいね」の数字が伸びなくても、周囲にアピールすることに意味があるのです。

価値観の多様化

戦争を生きた世代なら「食」、「食」が満たされた後の世代は「金」に価値観が移動。

価値観とは「価値」って言葉がつく通り、希少なものに見出されるもの。これまでの時代は誰にとっても貴重なものがあったので単純でした。

ほとんどの人が価値観を共有してる時代ならそれを追求するだけで、人に羨望され承認されたでしょう。

でも冒頭でも書いた通り、何もかもが満たされてる現代では価値観(貴重と感じるもの)が非常に多様。

だから自分が大事にしてること、拘ってること、ライフスタイルが他人にも理解(称賛)されるとは限らない。

現代人は無意識にでもそのことに気付いてはいるんです。

承認欲求の網

他人と価値観を共有するのが難しいと自覚しながらも、その一方で承認欲求から逃れるのも難しい。

価値観が単一で明確だった時代でも承認欲求はあったけど、表面化しなくても良かっただけ(大企業に勤めてれば皆が凄いと思ってくれる)。

でも現代はとなりの誰かは自分のやってることを何とも思ってません。
別のページでも解説した通り、基本的に人は他人のことに興味がない。

それが分かってるからこそ自分の価値観に自信を持ちにくく、承認を求める行動を加速させてしまうのです。

その最たるものがSNSでの充実アピールってわけ。
自分だけでは安定して(自信をもって)立ってられないから、誰かにいいなと思わせることで自分の足元を固めようとする。

充実してる人が苦しいワケ

誰もが承認欲求に駆られるわけじゃない。
もちろんSNSを介さずに直接自慢してくるって厄介な人種もいるけど、自立してる人もいます。

そういう人たちがどんな収入で、どんな生活を送ってるかは分からないはず。
他人にアピールして称賛されなくても自分の価値観に自信を持ててるから。

それに比べると、共有できるはずのない相手に自分の価値観をアピールして、素晴らしいものだと思い込ませる努力をしなければいけない人はとても苦しい。

もしあなたの友人で、生活ぶり(旅行や交遊関係、趣味など)を細かく知れる人がいるなら、きっと自分の人生そのものに自分ひとりでは自信を持てない人なのでしょう。

まとめ

価値観の多様化と承認欲求についてでした。
SNSで充実アピールをする人の心理は自信のない自分の価値観を周囲の人に補強してもらうため。

アドラー心理学では否定されてるけど、承認欲求は誰しも持ってしまっても仕方ないもの。

だけど他人に褒められ憧れられる人生を生きたいって、それはもはや自分の人生と言えるのか…。

かく言うぼく自身もSNSでアピールこそしないが、自分の中に承認欲求を感じないわけではないです。

どんなマインドセットを持ってれば承認欲求を封じ込められるのか、ここからリサーチしていきたいと思います。
てなとこで。

参考文献

岸見一郎/古賀史健(著) ダイヤモンド社