https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3516876&pid=886483703&vc_url=https%3A%2F%2Fwowma.jp%2Fitem%2F435928582%3Faff_id%3Dvco

自分の話はしない|上手な会話のたった1つのコツ

皆さんは話者か聴者かで言うとどっちでしょう?
ぼくは前者。幼少期から「口から産まれてきた」と揶揄されるほどのお喋りでした。
今でも未だ話者の魂が残っているから、ちょっと気分が乗ろうものなら饒舌になってしまう。
でもこれはやめたいんです。何故かって?いいことがないから。
そんなとこで今回は、話し方、聴き方についてのお話です。
皆さんへの教示というよりは、自分に対する戒めと覚書って位置づけですね。

他人には(ほぼ)興味ない

自分の話を他人にすることをオススメしない理由はこれに尽きます。人は基本的に他人に興味がありません。
好意を寄せている人に対しても、その人を知りたいという姿勢より、聞き上手の方が好かれるから聞いているという理由の方が強いです。

特に自慢話はNG

だから延々自分の話を繰り広げる人を好ましく思う人はいません。
ましてやマウンティング意識満載の自慢話なんてウケることはまずないです。
その価値観を共有してない人には何も響かないし、共有してても妬みしか生まれない。
感心して聞いてるように見えたとしたら、聞いてあげた代わりに奢ってくれることを期待している合図だと思った方が良いかもしれません。

話さない≠聞き上手

では話者にならなければ人に好まれる聴き上手になれるかというとそうでもない。
こちらの反応も気にせず一方的に話してくる人が相手なら、話を遮らずに延々相槌を打ってればいい。
相手も聴き上手だと思ってくれるでしょう。
でも一般的な人はそうじゃないです。
そんなに喋りが得意じゃなくても気付いたらずっと喋っていたという状況を作れて初めて本物の聴き上手になれる。

質問がカギ

ではどうすればいいかと言うと、シンプルに質問をしましょう。
上手い聞き手とは、ただ黙って相手の話を聞くだけの人ではなく、能動的に聞くことができる人。
ただアンケート項目みたいに次々質問を並べ立てるのは上手い質問とは言えません。
あれこれ矢継ぎ早に質問されては尋問みたいで逆に不快感が生じてしまいます。
一方的に自分の情報ばかり開示しているというのも不安になります。
だから互恵性を出すためにも、自分の情報を合間に挟みながら会話を進めるのが上手い方法。
ただ元々話者の場合、ちょっと挟むつもりがそのまま自分の話に持っていく可能性も。
悪い癖が発動しやすいポイントであることを自覚して、気付いた時でも遅くないから切り上げて相手を会話の中心に据え直しましょう。

会話を深める質問をする

互恵性さえあれば次々質問していいかっていうとそうではない。
表層をさらう浅い質問に終始すれば相手は自分に興味を持っているとは思わないから。
質問は広さではなく深さが重要。
では深い質問はどういうことか。
それは、前の質問に対する相手の回答を受けて、それに対してさらに気になるポイントを深堀する方法。
映画が好きだと聞いたなら、好きなジャンルを聞く、何でも観るという反応なら自分が好きなジャンルを伝え、そのジャンルで好きな作品があるかを聞くといったようにカテゴリの階層を下りていくイメージ。

どういう話をするか?

とはいえ元(現?)話者の場合、やはり話したいって気持ちが強くなります。
それを抑える訓練は必要だけど、話が面白い人って思われたい欲もあるし、抑えてばっかだと会話をつまらなく感じてしまう。
ではどんな話をするか?
先述の自慢話のほか、相手を選ぶような下ネタとか、一部の人間しか共有できない話題を避ければいいでしょう。
ただどんな話をするにしても、その会話でどんな反応を期待しているか、一旦自省的になること。
「すごい」って言ってほしいんだな、とか無意識的に持っている発言の思惑に意外と他人は敏感なもの。
浅ましい心が見え透くようなことを言おうとしてないか今一度推敲しましょう。

まとめ

話し方と聞き方についてでした。
冒頭でも書いた通り、これは筆者自身への戒めの意味が強いものです。
ただこんなお喋りが発現を慎重に推敲しているタイミングがあって、それがSNSに投稿するとき。
個人用のアカウントなら見知った人しか見てないけど、それでもゆるい人から人に厳しい目線を向ける人まで様々いるコミュニティで発言するのは気楽じゃない。
でも推敲のおかげで反響のいいものも多い。
これに気付いて設けた基準が、「今話そうとしてることはそのままSNSに投稿できることか?」というもの。
この基準のおかげで、どういう反応を期待しているか自省するタイミングを作れるようになりました。
汎用性はないかもしれないけど個人的にはオススメ。
てなとこで。