https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3516876&pid=886483703&vc_url=https%3A%2F%2Fwowma.jp%2Fitem%2F435928582%3Faff_id%3Dvco

一生懸命を美徳とするおかしさ

皆さんは「楽して稼ぐ」ってことにどんな印象を持ちますか?
詐欺とか窃盗とかそういうんじゃなければ、なるべく身を削らずに必要最低限のレベル稼ぐのがいいと筆者は思います。
仕事が楽しいからってことならもちろんそれは結構なことだけど、「苦労して」「頑張って」やる必要はないとも思うのです。
でも世の中の大半はそうじゃなさそう。
そんなとこで今回は、何故仕事を「頑張る」ことが美徳になるのかってお話です。

営業をしてる友人の話

営業をしてる友人はノルマの達成を楽々やってのけると、そのあとは休暇をとって旅行に行ったり、早上がりしてジムに行ったりと、自由な時間を過ごすようです。
勤務時間なんて縛りはなく、あるのは成果だけ。
課された仕事が完了すれば、「何時間仕事をした」なんて関係ないって発想はすごい羨ましいです。
でも上司とか同僚からは「何でできるのにもっと上を目指さない!」って風当たりが強いらしい。
成果が上がればその分給料も上がるかもしれないけど、そこまで要らないなら上を目指すのは時間と体力を無駄にしてるようなものです。

一生懸命に稼いだお金の方が嬉しい?

「頑張る」ことに美徳を見出す理由の1つに、お金から得られる喜びはその金額の多寡じゃなく、それを獲得するまでにかけた労力に比例するって性質があります。
楽して稼ぐと満足度が下がりやすいから一生懸命稼ぐことにこそ意味があるってことです。
「生活保護はズルい」と叩かれるようになって久しいけど、楽(ズル)してもらってる(本当に必要な人が大半だけど)彼らは、実はそんなに幸福感を感じていないんです。
自慢をしてきたら攻撃したり羨望したりするんじゃなく、哀れみを込めて華麗にスルーが得策(詳しくはまた別の記事で)。

説明できてない

ただこれは理由として薄い。
まずこれを自覚したからこそ必死で働いてるって人がどれほどいるかってこと。
あくまで結果論であって意識的に頑張るってのは何かおかしな話。
そしてもう1つ、周りの同僚がお金から満足を得ているかどうかってそもそも気にしますか?って話。
「もっと頑張ればもっと満足感を得られるぞ」ってアドバイスしてくる上司とか同僚とかって想像してみるとかなり奇妙。
余裕があるように見える人を批判するその心はといえば、苦労してる自分と同じレベルまで引きずり下ろしたい、に尽きるでしょう。
自分が身を削って必死に働いてる横で、涼しい顔して定時上がりしてたら何か思うところがあるはず。
いわゆる同調圧力の一種だけど、今のご時世そこまで残業を強制するわけにもいかないから、「上を目指せ」と叱咤激励の形をとって脚を引っ張るのでしょう。

教員をしてる友人の話

もう1つ考えられる理由が公教育にあると、教員をしてる友人との話で思った。
公教育で昔から続いてる「プロセス」を重視する志向。
モチベーションアップにいいのかもしれないけど、多くの弊害があると筆者は考えてる。
その1つがこの「頑張るは正義」思考。
テスト前になると、「特に勉強をしないでとった70点と、努力してとった60点なら後者の方が素晴らしい」みたいなことを今でも言ってるようです。
楽して思考なら前者の方がいいに決まってる(及第点かで考えればどっちも落第です)けど。
これが成長過程に刷り込まれてるから、大人になっても無意識に「先生がああ言ってたのに!」って思ってしまう。
70点の子は部活とか習い事とかそっちに時間をかけたくて、その点数でも親から怒られることもないから、わざわざ時間を割いてまで勉強しないのでしょう。
それを「頑張ればもっと点数とれる才能があるんだから!」っていうのは余計なお世話というやつです。

まとめ

楽して稼ぐことに反発する理由についてでした。
「頑張る」「一生懸命」が美徳ってする思考が抜けないと、自分で自分の首を絞めることになりかねません。
自分だけなら自己責任だけど、そうしてる内に「自分と同じ苦しみを味わえ」って押し付けが始まるのは相当迷惑。
プロセス重視の教育の弊害だと筆者は思うけど、それが根強いから仕方ないんじゃなく、気付いて脱却する方が、自分にも周りにも好影響だと思います。
てなとこで。