https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3516876&pid=886483703&vc_url=https%3A%2F%2Fwowma.jp%2Fitem%2F435928582%3Faff_id%3Dvco

トラウマは言い訳|自分を閉じ込める不合理

何かトラウマ的な経験が過去にあるでしょうか?

そのトラウマの影響で何かできないとか、それがなかったらできたとか思っているならそれはやめた方がいい。
それが原因で自分の可能性を潰している可能性があるから。

そんなとこで今回は、アドラー心理学的トラウマ論のお話です。

トラウマ

トラウマはフロイト心理学の流れから生まれた考え方で、過去から繋がる現在の自分の在り方は過去の経験の影響を受けてる。
つまり過去の経験の蓄積によって自分は形作られているという理論です。

心理学の主流

このフロイトのトラウマ論は心理学でも主流な考え方で、人の思考の癖などといった現在の心理状態の原因を過去の経験に紐づけます。

カウンセリングを受けなくても、小さい頃に痴漢に遭ったせいで男性恐怖症だ、とか親から暴力を振るわれて育ったから自分もDVをしてしまうとか過去の経験に紐づけて語ることが多いでしょう。

アドラーの見方

アドラーはこのフロイト的なトラウマ論を否定しています。
普通は過去の経験の蓄積で知見が広がって可能性とか関心が広がっていくもの。

だけど同じ過去の経験でもトラウマを強調していると経験が増えるほど狭い檻になっていく。
現在の自分を、変えられない過去で説明するってことは現在も変えられないという閉塞感に繋がります。

アドラーの考えでは現状のままで(男性恐怖症であろうと)ありたいと自分が思っていて、その正当化(言い訳)として過去の経験を引き合いに出しているのみ。

現在の自分の悩みが過去の経験で説明されると「そういうことだったのか!」と思うけど、かといって何かが変わるわけじゃない。
むしろ「だからできなくても仕方ないんだ」と自分に言い訳を作るだけになってしまいます。

実体験

筆者も相当なお喋りだから気になって心理学的な理由を調べてみたことがあります。

両親が不仲だった(コミュニケーションの仲立ちになろうとして喋る)か、愛を向けられなかった(注目を集めたくて喋る)からって説明らしい。

心当たりはあるから「なるほどなー」と納得はしたけどそれを知ったからといって何かが変わったわけではない。

原因を追究したくなるものだし、分かると納得するものだけど、どうせ考えるなら未来のことをどうするか、自分で切り開く道を見る方が生産的と言えます。

まとめ

トラウマについてでした。
PTSDとか精神的な病と診断されるほどに人が意識しないというのは難しいけど、何かの理由づけに過去のトラウマを持ち出す癖がつくと、一種の開き直りに近い状況になってしまう。

自分がチャレンジしない(できないと思う)言い訳程度にとどまるなら自己責任だけど、DVとか見たいに、周囲に悪影響を及ぼすようなことまでトラウマを盾にするのは正当性に欠ける。

大変な経験をしてきたことには大いに同情するものですが、人に迷惑をかけていいわけではないことを強調しておきたいです。
てなとこで。

参考文献

岸見一郎/古賀史健(著) ダイヤモンド社